文字サイズ
標準
大きく

アナ雪2「ステマ」騒動...よりも、美容整形「口コミ」問題

今週は映画「アナと雪の女王2」のステマ騒動で世間が盛り上がった。

僕は長年、美容医療の健全化に取り組んできたこともあり、医療分野の広告に関してはステマに限らず敏感だ。アメリカでの8年間の武者修行を終えた僕が日本で形成外科医として働き始めたのは1960年代の中頃。ちょうど「美容整形」の広告が女性誌などの紙面を賑わすようになった時期だ。

あれから半世紀。広告業界や広告手法はインターネットのお陰で大いに進化した。だが、広告・メディアを見る側の目や判断力は果たして進化したのだろうか。

広告・メディアを見る目や判断力が鈍るのは...

こんなことを言うのも何だが、ステマであれ無邪気な感想や体験談であれ、映画の口コミに乗せられ仮に失敗したとしても、失うのはせいぜい数時間の時間と数千円の金。これが飲食店の口コミだったとしても金額が多少増えるだけの話だ。何か悪いものを出されて食中毒になるのでもなければ後に尾を引くこともなく、比較的短時間で低コストのダメージだけで済む。

だが、美容医療となると話はかなり違う。「すべてが順調に」進んだとしても数万円から数十万円の金と、回復までの時間を含めば数日間から数ヶ月間の時間を要する。そして残念ながら、すべてが順調には進まないことも多い。

そもそも美容医療の場合、施術を受けるかどうか、仮に受けるとした場合に医師や医療機関をどうやって選ぶか、そして医療機関では効果や費用との兼ね合いも念頭にどのような施術を選ぶかなど、情報収集、検討、判断というプロセスを慎重にすることが重要だ。病気や怪我のような「医学的な」緊急性はないため、本来は慎重に進めることが容易なはずだが、そこに「不満の解消」や「理想の追求」という欲求や願望が絡む。患者の側は時には病気や怪我以上の緊急意識にとらわれてしまうことも多い。そうなると広告やメディアの情報に対する目や判断力は鈍りがちだ。

そんな中でもできるだけ冷静に検討や判断を進めて期待通りの結果を得るためには、相手方、つまり医師の側では医療リスクをどのように見ているのかを知ることも役に立つだろう。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事