文字サイズ
標準
大きく

生命保険と健康ブームの共通項は...

今週はと言うべきか、今週もと言うべきか、かんぽ生命保険の不適切販売問題がメディアを賑わせた。金融庁は、かんぽ生命と親会社の日本郵政の両方に対して業務改善命令を近日中に出す方向で検討中だという。

金融庁が業務改善命令を出すとこれら2社はどのような改善策を講じることになるのか、門外漢の僕には見当がつかない。業務改善命令には相当な重みがあるはずだが、相手はいまだに元・国営企業としての存在感や体質が大いに残る巨大な民間「もどき」企業。今回は総務省の事務次官が日本郵政に処分情報を漏洩して更迭されるというおまけも付いた。このようなガバナンスやコンプライアンスの欠如した二人三脚で事業や体質を守ってきたのだろう。

医療に例えるなら、もはや外科的治療、つまり手術による治療しか選択肢が無い患者のような印象も受ける。仮にそうだとしたら、今回の措置や対応が投薬などの内科的治療、あるいは運動や食事など生活習慣の改善や体質改善を促す程度のものに終わらないことを願う。

生命保険と健康不安の微妙な関係

かんぽ生命に限った話ではないが、生命保険や医療保険は、将来的に不確実な健康状態と経済状況に対する不安という、論理的に測ることが難しい個人の心理に訴求する「安心感」の商品だ。

世の中には個々人の嗜好や必要性に応じて当人にとっての価値が変わる商品がいろいろ存在するが、保険の場合、対価と引き換えにまず得るのは保険金ではなく「もしもの時」には保険金が入るという安心感。保険金を商品「本体」とするなら、安心感はその付属品、あるいは引換券だ。本体をいつ「手にする」ことになるのかは予測できない。そして、それを手にするのは購入時に想定した不幸が実際に巡ってきたとき。それも、多くの場合はその価値を上回る不幸。

不幸の部分は別として、日本で根強い健康ブームや健康情報の氾濫にはこれに通じるものがある。

この記事の監修・執筆医師

おすすめ記事