文字サイズ
標準
大きく

「健康格差の縮小」進まず 国民健康・栄養調査結果

厚生労働省は14日、2018(平成30)年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を公表した。

 ●「平成30年 国民健康・栄養調査結果の概要」
 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000584138.pdf

今回の調査では毎年実施している基本項目のほか、重点項目として「所得等社会経済状況と生活習慣等に関する状況」が加わったことで、所得により喫煙率や健診未受診率、野菜摂取量、睡眠時間、歯の本数などの生活習慣や健康状態、食生活に格差が生じている実態が明らかになった。

【調査結果のポイント】
※括弧内は「平成30年 国民健康・栄養調査結果の概要」内の該当図表のページ番号

生活習慣等に関する状況を所得別に比較すると有意な差
・現在習慣的に喫煙している者の割合、健診未受診者の割合、歯の本数が20歯未満と回答した者の割合は、世帯の所得が600万円以上の世帯員に比較して、男女ともに200万円未満の世帯員で有意に高い。(6頁:表2)
・歩数の平均値は、世帯の所得が600万円以上の世帯員に比較して、男女ともに200万円未満の世帯員で有意に少ない。(6頁:表2)

就業時間が週に1~39時間の者は、男女ともに健診未受診者の割合が高い
・1週間の平均的な就業時間が週に1~39時間の者における健診未受診者の割合は、男性26.3%、女性29.4%と他の就業時間で働く者と比較して高い。(10頁:表7)

栄養バランスのとれた食事をしている者の割合は4割超だが、所得別では差がみられる
・主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上食べることが、「ほとんど毎日」と回答した者の割合は、男性45.4%、女性49.0%。(19頁:図19)
・所得別でみると、「ほとんど毎日」と回答した者の割合は、世帯の所得が600万円以上の世帯員に比較して、男女ともに200万円未満の世帯員で有意に低い。(8頁:図1)

「加熱式たばこ」等の喫煙状況を今回初めて把握。また、受動喫煙の状況については改善傾向
・現在習慣的に喫煙している者が使用しているたばこ製品について、「紙巻きたばこのみ」、「加熱式たばこのみ」、「紙巻きたばこ及び加熱式たばこ」の割合は、男性では68.1%、22.1%、8.5%、女性では76.1%、14.8%、8.8%。(25頁:図32)
・家庭、職場、学校、飲食店、遊技場、行政機関及び医療機関における受動喫煙の機会を有する者の割合は有意に減少。(27頁:図35)

たばこ製品の組合せの状況(平成30年 国民健康・栄養調査結果)
たばこ製品の組合せの状況(平成30年 国民健康・栄養調査結果)

医師・専門家が監修「Aging Style」

【参考】
厚生労働省: 国民健康・栄養調査(平成30年/2018年)
 (令和2年1月14日公表)
 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事