文字サイズ
標準
大きく

「世界対がんデー」国内イベント、2月4日午後6時ライブ配信

今日2月4日は「ワールドキャンサーデー(世界対がんデー)」。

21世紀を迎えて間もない2000年2月4日、新たな世紀における対がん活動のあり方を議論するため、世界保健機関(WHO)や世界対がん連合(UICC)など、国際的に対がん活動を行っている組織がパリで「世界対がんサミット」を開催。2月4日を「ワールドキャンサーデー(世界対がんデー)」に制定した。

「ワールドキャンサーデー」ライトアップイベント
「ワールドキャンサーデー」ライトアップイベント

国内のがん専門学会や医療機関、関連団体で構成されるUICC日本委員会は、今日2月4日(火)午後6時から40分間、東京・汐留の「カレッタ汐留」でライトアップイベント「LIGHT UP THE WORLD」を開催する。

このイベントでは、会場がUICCのシンボルカラーである「ブルー」と「オレンジ」にライトアップされ、がん医療関係者のほか宮本亜門氏(演出家)、堀ちえみ氏(タレント)、麻倉未稀氏(歌手)、服部幸應氏(服部学園理事長)といった多彩な顔ぶれによるトークセッションが行われる。イベントの様子はYouTubeのライブ配信により、がんに立ち向かう取り組みの一環として国内外に発信される予定だ。

UICCはSNSを活用したメッセージ・キャンペーンをグローバル展開しており、2019年から3年間の全世界統一テーマは「I AM AND I WILL(私はいま そして これから私は)」。がん撲滅やがん患者支援のため、参加者一人ひとりが自分の職業・立場と行動目標を記載した決意表明メッセージを発信するスタイルのキャンペーンで、今回のトークセッションもこれがテーマだ。同委員会が開設した「ワールドキャンサーデー」特設サイトには、加藤勝信・厚生労働大臣をはじめとする関係者や著名人が各々の決意を書いたメッセージボードと共に写る写真も掲載されている。

●UICC日本委員会「ワールドキャンサーデー」特設サイト
 https://www.worldcancerday.jp/

ワールドキャンサーデーは、世界中でがん撲滅やがん患者支援のためにできることを考え、行動を起こすことをスタートする日だ。

日時: 2020年2月4日(火) 18:00~18:40
会場: カレッタ汐留 B2F カレッタプラザ イルミネーション会場
    〒105-7090 東京都港区東新橋1丁目8-2
登壇者: 
     宮本亞門(演出家)
     堀ちえみ(タレント)
     麻倉未稀(歌手)
     服部幸應(服部学園理事長)
     横倉義武(日本医師会会長)
     中釜斉(国立がん研究センター理事長)
     垣添忠生(日本対がん協会会長)
     赤座英之(UICC-ARO Director) 
     野田哲生(UICC日本委員会委員長)
     他

司会進行: 河原ノリエ(UICC日本委員会広報委員長)
プログラム: イルミネーション点灯、トークセッション、
       フォトセッション
主催: UICC日本委員会
協力: カレッタ汐留

【参考】
UICC(国際対がん連合)日本委員会
https://www.jfcr.or.jp/UICC/
UICC: World Cancer Day
https://www.worldcancerday.org/

おすすめ記事