文字サイズ
標準
大きく

緑色のライトアップを見かけたら... 3月8~14日は世界緑内障週間

今日3月8日から14日までの1週間は世界緑内障週間。
世界緑内障連盟(WGA)とその関連団体である世界緑内障患者委員会(WGPC、旧・世界緑内障患者連盟)を中心に、世界中でさまざまな啓発イベントやキャンペーンが行われる。

3月8日~14日は世界緑内障週間
3月8日~14日は世界緑内障週間
国内では、全国各地で開催予定だったセミナーやイベント類の多くが残念ながらコロナウイルスの影響により中止や延期に追い込まれているが、日本緑内障学会の「ライトアップ in グリーン運動」に賛同する多くの公共施設や医療機関、企業、団体などが今年も全国各地で緑色のライトアップを実施する予定だ。

緑内障とは...

日本では40歳以上の20人に1人が罹患しているといわれる緑内障。見える範囲(視野)が狭くなる、あるいは見えない部分(暗点)が現れるというのが一般的な自覚症状だが、発症していても無意識に片方の眼がそれを補うため、視野障害や視力低下がかなり進行するまで自覚しないことが多い。放っておくと最終的には失明に至ってしまう。

視神経に一度障害が生じると元には戻らないため、緑内障の治療はあくまでも進行を遅らせるためのもので完治は期待できない。いかに早い段階で緑内障に気づくかが、失明のリスクを減らすカギとなる。幸い近年、緑内障は早期に発見し早期から治療を継続的に行うことで、失明する可能性は低い病気になってきている。

5年前から「ライトアップinグリーン運動」を推進する同学会は、緑内障の「早期発見」と「継続治療」、そして「希望」を持つことの重要性とともに、「40歳を過ぎたら目の定期検診を!」と呼びかけている。緑色のライトアップを見かけたらこれらのキーワードとともに、早期発見のための受診、あるいは中断してしまった治療の再開を考えよう。

医師・専門家が監修「Aging Style」

【参考】
日本緑内障学会:「ライトアップinグリーン運動」
 https://www.ryokunaisho.jp/light_up/
World Glaucoma Week(『世界緑内障週間』公式ウェブサイト)
 https://www.worldglaucomaweek.org/
World Glaucoma Association (WGA)(世界緑内障連盟)
 https://wga.one/
World Glaucoma Patient Committee (WGPC)(世界緑内障患者委員会)
 https://www.worldgpa.org/

おすすめ記事