文字サイズ
標準
大きく
清水 公也
眼科

清水 公也(しみず きみや)

山王病院アイセンター センター長
国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授

1976年北里大学医学部卒業。東京大学医学部で博士号を取得後、武蔵野赤十字病院部長、北里大学医学部眼科学教室主任教授を経て、現在、山王病院アイセンターセンター長。
白内障をはじめとする前眼部手術を専門とし、武蔵野日赤病院時代には濁った水晶体を超音波によって小さく砕いてから取り出すという超音波水晶体乳化吸引術を日本でいち早く取り入れ、白内障日帰り手術で一時代を築いた。2016年に山王病院アイセンターセンター長に着任してからは、自らの手技の研鑽や後進の教育にあたる。白内障手術、屈折矯正手術における日本のリーダー的存在で、その業績は海外でも高く評価されている。
北里大学名誉教授、日本眼科学会認定眼科指導医・専門医、日本眼科学会名誉会員、日本眼科手術学会名誉会員、日本白内障屈折矯正手術学会名誉会員、日本角膜学会評議員、社会福祉法人ねむの木学園理事、公益財団法人アイメイト協会理事。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事