文字サイズ
標準
大きく
矢澤 一良
ヘルスフード科学

矢澤 一良(やざわ かずなが)

早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所研究院教授

1972年、京都大学工学部工業化学科を卒業し、1973年ヤクルトに入社。中央研究所の微生物生態研究室に勤務。1986年財団法人相模中央化学研究所に入所し、主席研究員となる。1989年東京大学より農学博士号を授与される。2000年湘南予防医科学研究所を設立。2002年東京水産大学大学院(現東京海洋大学大学院)水産学研究科ヘルスフード科学寄附講座の客員教授、2012年東京海洋大学特定事業「食の安全と機能(ヘルスフード科学)に関する研究」プロジェクトの特任教授。2014年から早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門で研究院教授を務めている。

主な研究テーマは、予防医学的食品・医薬品素材に関する研究、海洋資源の有効利用に関する研究、天然物の生理活性成分の探索と薬理学的研究、微生物の新しい機能の探索に関する研究。主な著書に『マリンビタミン健康法』(現代書林)、『アスタキサンチンの科学』(成山堂)、「マリンビタミンで奇跡の若返り」(PHP研究所)、『機能性おやつ』(扶桑社)などがある。

日本脂質栄養学会理事、日本機能性食品医用学会理事、マリンバイオテクノロジー学会理事、日本臨床栄養協会理事、ヒアルロン酸機能性研究会会長なども務めている。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット